トップページ > スポンサー広告 >スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きはこちら



ゴルフクラブスペック集全国ゴルフ場データゴルフ用語集


--/--/--|スポンサー広告

トップページ > 用語集 >慣性モーメントとは

慣性モーメントとは

慣性モーメントとは

慣性モーメントとは、一般的に物体の回転のしにくさをあらわす量をいいます。従って慣性モーメント値が大きいということは「回転しにくい」、逆に小さいと「回転しやすい」ことになります。


つまり、ゴルフクラブに例えて言うならば
慣性モーメントの小さいクラブは、ヘッドが「返りやすい」「ブレやすい」
慣性モーメントの大きいクラブは、ヘッドが「返りにくい」「ブレにくい」
ということになります。


それぞれの特徴
ヘッドの大きなクラブは基本的に「慣性モーメントが大きくなる」傾向がありますが、重心を外してヒットしてもヘッドがブレにくくなるために方向性、飛距離が安定するといわれています。
またヘッドの重心距離が長いクラブは下図のネック慣性モーメントが大きくなり、ヘッドが「返りにくく」なります。


逆に慣性モーメントが小さいクラブは、ヘッドが「返りやすい」ため、ボールのつかまりが良く、操作性の良いクラブが多いのが特徴です。
スライスやボールのつかまりの悪さに悩むゴルファーは、慣性モーメントが小さいクラブを選択するのも一つの手だといえます。
ただし、最近はフックフェースのクラブもたくさん作られているので、初心者は慣性モーメントが高く、打球が安定するクラブの方がよいかもしれません。


慣性モーメント説明図
*一般的に「慣性モーメント」といわれるのは、図の「ヘッド慣性モーメント」です。


関連用語: 重心距離


続きはこちら



ゴルフクラブスペック集全国ゴルフ場データゴルフ用語集


2008/01/23|用語集


<< ドローバイアスとは | ゴルフなんでも瓦版 HOME | シャローフェースとは >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。